ケミカルピーリングがニキビ治療に良いわけ

ケミカルピーリングがニキビ治療に良いわけ

ケミカルピーリング,ニキビ治療

ケミカルピーリングとは、グリコール酸をはじめとする成分を使い皮膚のトラブルを解決する治療法です。

 

ケミカルピーリングの特徴は、肌の古い角質などを溶かし新しい皮膚の再生を促進してあげようという考え方にあります。元々はシワをとるための方法として活用されてきましたが、現在ではニキビの治療にも有効であるとしてニキビ治療にも活用されるようになっています。

 

 

ケミカルピーリングを行うことによって、ニキビの原因となっている毛穴の詰まりや肌の状態を改善することによってニキビ、もしくはニキビ跡を治すことが可能です。特に、成人になってからのニキビ、いわゆる大人ニキビの場合は角質の機能が低下することによって毛穴が詰まりやすくなってしまっているのが大きな原因となっています。

 

ケミカルピーリングによって古い角質を除去し、新しい角質の再生を促進することによってニキビも治療することが出来るのです。また、ケミカルピーリングはいくつかの有効成分の中から症状に合わせて適切なものを選ぶことが出来るようになっていますので、ニキビの状態によって臨機応変に対応することも可能です。

 

つまり、どんな状態のニキビであってもケミカルピーリングなら治療可能ということになります。新しく再生された角質が古くなる頃に再度ケミカルピーリング治療を受けることによって、常に肌の状態を正常に保つことが出来ますので、慢性的なニキビにも大きな効果を発揮してくれます。

 

長年ニキビに悩まされているという方にとって、非常に頼もしい治療法と言えるのではないでしょうか。