ニキビに効く漢方薬

ニキビに効く漢方薬とは?

漢方薬はニキビ治療にも大きな力を発揮してくれます。
漢方薬といえば中国ですが、中国ではニキビの原因は体の中にあると考えられてきました。そこで、漢方薬を使い体の中の調子を整え、ニキビを治療しようというわけです。

 

漢方薬には人間が本来持っている自然治癒力を高める働きがあります。
自然治癒力を高めることによって、ニキビも治療することが可能なのです。

 

では、実際にニキビに効果のある漢方薬とはどのようなものがあるのでしょう、代表的なものを紹介していきたいと思います。
まずは当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、肌荒れに効果があるとされる漢方薬で、ニキビ治療にも効果を発揮してくれます。
加味逍遥散(かみしょうようさん)、一般的には頭痛や肩こりといった症状がある時に服用する漢方薬ですが、ニキビ治療の際にも服用されることの多い漢方薬です。

 

この他にもニキビに効果のある漢方薬として、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)などの漢方薬が一般的です。

 

こうした漢方薬はどれもニキビに効果があるだけではなく、他の症状などにも効果を発揮してくれるというのが特徴の1つとなっています。
ニキビ治療をしながら体質改善も行うことが出来る、これが漢方薬を利用したニキビ治療のメリットと言えるかもしれません。
また、一般的な薬と比較して副作用などの心配も少なく、安心して飲めるというのも漢方薬の特徴となるでしょう。