光治療(フォトフェイシャル)がニキビに効くしくみ

光治療(フォトフェイシャル)がニキビに効くしくみ

光治療,フォトフェイシャル,ニキビ

ニキビ治療の方法の1つとして、フォトフェイシャルという方法があります。この方法はインテンス・パルス・ライト、通称IPLと呼ばれる特殊な光を肌に当てることによって様々な皮膚トラブルを解決するものです。

 

フォトフェイシャルで使用される光には3種類あり、これらの光を使い分けることによって色素沈着、シミ・そばかすの治療などにも活用されています。つまり、フォトフェイシャルはニキビにだけ効く治療法というわけではありません。

 

 

ニキビ以外の肌トラブルにも悩んでいる場合、ニキビだけではなく、その他のトラブルも解決出来る場合があり非常にお得な治療法と言うことができるでしょう。

 

では、どういったニキビにフォトフェイシャルが有効なのでしょうか。

 

フォトフェイシャルは現在進行形で出来ているニキビにはあまり効果を発揮しません。ニキビが出来た後、赤みがいつまで引かない場合、ニキビ跡が残ってしまった場合などに活用される治療法です。

 

フォトフェイシャルで使用される光というのは、肌の正常な部分には反応しません。肌に余分な色素があった場合のみ反応するように作られているからで、この仕組みによってニキビ跡に大きな効果を発揮することが出来るというわけです。

 

さらに、フォトフェイシャルを行ってニキビ治療を続けることで、ニキビの原因になっている皮脂の分泌を抑えることも出来ます。現在あるニキビを治療するだけでなく、ニキビ予防にも大きな効果を発揮してくれるということです。これもフォトフェイシャルのメリットの1つになるでしょう。